家族が伸び伸び暮らす家

家族が伸び伸び暮らす家

ねもとです。

「家族が伸び伸び暮らす家」様、気密測定を実施しました。

玄関ドアや窓の開口部をすべて施錠し、
エアコンや給水・給気口等の配管部を塞いで室内を密閉します。
そして、こちらの測定器で室内→室外へ空気を送って一定時間室内の空気を減圧します。
CIMG95781023.jpg

すると開口部や配管まわりなどの隙間から、外から空気が入ろうとする力が働きます。
手を当てると冷たい風の流れを感じたり「ヒュー」と空気の音がするので、隙間を塞ぐための補修を丁寧に行います。

住宅の気密性は重要です。
昨今、換気の重要さは世界的に広く知られることとなりましたが、雨や台風、雪の降る日は窓を開けて換気することが難しく、雨や雪が長く続く地域もあります。ウィズコロナの時代、家庭内感染が増えていることもあり換気量の不足を心配するご家庭も多いのではないでしょうか。

十分な換気には空気の入り口と出口が決まっていることがポイントです。

隙間だらけのお家はショートサーキットと呼ばれる現象が起きて至るところで空気が出入りして、空気のよどみが出来てしまうのです。住宅には24時間換気システムの導入が義務化されていますがその働きを最大限に活かすためには極力隙間をなくすこと=高気密をセットで考える必要があります。

気密性についてはどの工務店、ハウスメーカーで建てても担保されるわけではありません。なぜなら、会社として取り組むには時間もお金も必要で、さらに現場の全職人さんが高気密住宅にするための技術や知識と丁寧な作業に取り組まなければならないからです。日本の建築業界は世界的にみても遅れをとっている点があり、大事なことなのにどうして?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

その謎は後悔しないための賢い家づくり勉強会で詳しくお伝えしております。
 
 
気になる測定結果は、、0.32㎠/㎡でした!
R+houseはC値=1.0以下を保証、R+house豊島区目白店では0.5以下を目標値にしています。
現場の職人さん方のおかげで良い結果となりほっと一安心。感謝感謝です。
引き続き完成までよろしくお願いいたします(__)

さて、10月後半から11月中の家づくり勉強会はすでにご予約が埋まっている日がございます。
今すぐの方も、いつかはとお考えの方も、どうしようと迷っている方も、
どなたでもご参加いただけるイベントです。
ご質問等もお気軽にお問い合わせください♪

-----------------------------------------------------------------------------------------
【建築家と建てる家を、身近に、手軽に。】
R+house豊島区目白店
アンビエントホーム目白店
創業70年、豊島区南長崎の地元工務店。
新築木造戸建て/注文住宅
施工エリアは豊島区・新宿区・練馬区を中心に都内23区。周辺エリアもお気軽にご相談ください♪
狭小地、変形地の家づくりも多数実績あり。
土地探しからのご相談も大歓迎です。
賢い家づくり勉強会の日程確認・ご予約はコチラから♪