変形地も悪くない!土地探しの視野を広げよう☆

変形地も悪くない!土地探しの視野を広げよう☆

ねもとです。

敬遠されがちな「変形地」ですが、物件によってはお客様に向いていることがあります。

おそらく、はじめから変形地を好んで探す方は極めて少ないでしょう。
「なかなか希望の土地が見つからず、視野を広げてみる意味で」とのご相談も多いです。

変形地.jpg
▲こちらは都内23区内の住宅地で見かける、よくある敷地形状集です。
比較的シンプルな三角形や台形といった変形地もあれば、かぎ型、L字型など複雑な形の変形地もあります。形がいびつであることは「個性」であり、その個性を活かしたプランニングができればご希望の暮らしを叶えることはむずかしくありません。

メリットを挙げると、

【ライバルが少ない】
土地探しの条件に個人差はありません。ご自身がいい土地だと思った土地は、他の人もいいと思うものです。大きな買い物が故、考えようとしたところ次の日には売れてしまった、、なんてことは珍しくありません。そこから数年いい土地に出会えていませんというお客様も。
しかし最近は情報を得る手段が多いことから変形地のメリットが浸透しつつあり、以前よりもライバルが増えてきているようです。

【価格が相場より1割くらい安い】
土地が安く購入できればその分を建物費用にできます。
グレードの高いキッチンやお風呂を選べたり、
家族旅行、お子様の教育費用、ご夫婦の老後費用に貯蓄するなど選択することができます。
資金に余裕がうまれることで、その後の人生計画も豊かになります。

デメリットといえば、
資産価値として考えたときに将来手放しにくい可能性があります。
また、「昼間も照明をつけずに太陽光でお部屋を明るくしたい」というご要望はむずかしい点。こちらはその土地の周辺環境によって異なりますが、デザイン性の高い照明計画にしてみたり、内装を明るめに仕上げることで反射光を取り入れるなどの工夫が考えられます。


周囲をぐるりと建物にかこまれた路地状敷地では採光や通風が懸念されますが、
公的なデータとともに実際に建築士が現地に足を運び土地を読むことで
陽の入る角度や風の流れを計算してプランニングが可能になります。

もうひとつの特徴は接道までのアプローチがあるということ。
空間を有効活用して駐車場や植栽スペースとすることができたり、
お子様が玄関からすぐに道路へ飛び出さないという安全面も確保できます。


三角形、台形の敷地形状にそって建物を計画すると、
室内の立つ地点によって広がりや奥行を感じられる効果が得られます。
吹抜けを採用する、内装を明るい色で仕上げるなどの工夫を組み合わせることで快適で暮らしやすい空間づくりが叶います。


R+house豊島区目白店では変形地や狭小地の建築を得意とし、実例も数多くございます。
現在はコロナウィルスの影響により見学会は見合わせておりますが、OB様のお声や実例集をまとめた資料等を取り揃えておりますのでぜひお気軽にご来店ください♪ ※要予約

-----------------------------------------------------------------------------------------
【建築家と建てる家を、身近に、手軽に。】
R+house豊島区目白店
アンビエントホーム目白店
創業70年、豊島区南長崎の地元工務店。
新築木造戸建て/注文住宅
施工エリアは豊島区・新宿区・練馬区を中心に都内23区。周辺エリアもお気軽にご相談ください♪
狭小地、変形地の家づくりも多数実績あり。
土地探しからのご相談も大歓迎です。