【土地が決まらない方必見!】土地購入のポイント

【土地が決まらない方必見!】土地購入のポイント

ねもとです。

東京都内特に23区内の土地価格は高額で、
現実味がない数字ですが、中央区銀座の坪単価平均は約9,300万円。信じられない価格ですね(';')

弊社にご相談いただくお客様のご希望エリアでは、
200~300万円/坪が平均的になりますが単純計算で20坪=4,000~6,000万円。
土地も住まいも100%こだわるとあっという間に予算オーバーです。
実際に、理想の土地に出会い購入したけど建物予算が削られてしまって..というご相談は少なくありません。建物にもこだわりたいのに予算がなく後悔するお客様は非常に多いのです。

都内の家づくりは土地と建物予算のバランスが難しく、
また、そのための判断基準を知らずに購入するのは大変キケンです。
後悔しないための3つのポイントをお伝えします。

【ポイント①】
絶対に譲れない条件をしっかり決めておくこと!

土地は作ることができないので100点満点に出会うことは滅多にありません。
理想の土地に出会うまで探し続けるのもいいですが、完成時期が決まっていればそうもいきませんね。

思い切って理想の土地を買って建物はとにかく安く抑えることも考え方の1つですが、
月々の高額なランニングコスト、老後住みにくい室内環境、ヒートショックや熱中症の危険、25~30年後には建替えないと住めなくなりご自身にもお子様世代にも負担になります。

条件と照らし合わせて60点の土地なら○、70点の土地なら◎です。


【ポイント②】
判断基準を養うためにたくさんみること。
ネットの土地情報は一般の方の目に触れる前に必ず業者に出回ります。
そこで十分査定されるので掘り出し物はなく、安い土地には何かしらの理由があるのです。

「建築条件付き土地」であれば、土地価格は抑え気味だとしても指定の施工業者に依頼する建築費もあわせて検討しましょう。売主の不動産屋によっては、+αの費用で建築条件を外せることもあります。

根気強く土地をみて比較することで判断基準が養われていきます。


【ポイント③】
土地は個人の好みに左右されず、ご自身が「良い」と思った土地には必ずライバルがいます。
予算と条件をグリップして、すぐに購入できる準備を整えておきます。

気を付けなければいけないのが、気に入った土地に希望の家が建つかどうか。

特に住宅密集地の狭小地、変形地は平面的な境界線以外にも天空に向かって見えない複雑な斜線制限が発生します。
地域により景観計画等で更に厳しい建築条件になることも。
建築も理解できる不動産担当者はごくわずかなので(大手の不動産会社も同様)、
実際に設計する建築士にどんな建物が建てられるのか、プラスで費用のかかりそうなこと等をチェックしてもらうことが重要です。

メリットとデメリットを理解して納得いく土地が見つかれば、すぐに意思決定しましょう。


家づくりは土地も建物もセットで考えるものです。
まずは依頼する住宅会社を決めて、土地探しも一緒にしてもらうと間違いありません。
今、土地探し中の方も購入前に住宅会社へ相談して、トータルの建築コストや適切な予算や将来のメンテナンス費用も確認した上でスタートすることをおすすめします。

R+house豊島区目白店では、土地所有の有無に関わらず家づくりのご相談を承ります。
建替えやリフォームのご依頼もお気軽にどうぞ♪
狭小地、変形地の施工例も多数。お悩みがあればまずはご相談ください♪

夢のマイホームを考え始めたら、
参加費無料の後悔しないための賢い家づくり勉強会へぜひお越しください。
家づくりで重要なポイントをギュギュっと2時間にまとめてお伝えします!

-----------------------------------------------------------------------------------------
【建築家と建てる家を、身近に、手軽に。】
R+house豊島区目白店
創業70年、豊島区南長崎の地元工務店。
施工エリアは豊島区・新宿区・練馬区を中心に都内23区。周辺エリアもお気軽にご相談ください♪
狭小地、変形地の家づくりも多数実績あり。
土地探しからのご相談も大歓迎です。