光と風の巡る家

光と風の巡る家

ねもとです。

光と風の巡る家様、基礎工事がはじまりました。
こちらは捨てコン打設後の様子です。
IMG_44461130.jpg
 
捨てコンは、建物の基準線を出す=墨出しに大きな役割を果たします。
また、足場をならすことで足場がつくりやすくなる、職人さんたちの作業がしやすいなどのメリットもあります。建物の床になるものではなく、"捨て"なんて言葉で連想するところそんなに重要じゃなさそうに見えて、とても大事な工程です。
 
基礎工事は大まかにいうと、
地縄張り・遣り方→掘削工事→砕石敷き→捨てコン打設→墨出し、配筋→型枠、コンクリ打設→仕上げ
のように進みます。
ベタ基礎は建物の荷重を「面」で支えて上手く力が分散される、木造住宅に適した基礎形状です。
【コンクリートの特徴:圧縮力に強く引張力に弱い×鉄筋の特徴:引っ張る力に強く圧縮力に弱い(単体だと細いため)】というそれぞれの特徴を活かし弱点を補い合う材料である鉄筋コンクリートで出来ています。鉄のデメリット、酸化すると錆やすい点においてもコンクリートはアルカリ性であることから被覆してしまえば錆びにくくなります。
 
お家が少しずつ形になっていく過程は見ているだけでもワクワクしますが、少し知識があるだけでまた違う見方ができたり興味が湧いてきますよね(*^^*)♪
 
引き続き、工事の様子お届けします~

【個性をカタチに、賢い家づくり。】
株式会社源工務店
-R+house豊島区目白店
-アンビエントホーム目白店

創業70年、豊島区南長崎の地元工務店。
新築木造戸建て/注文住宅
施工エリアは豊島区・新宿区・練馬区を中心に都内23区。周辺エリアもお気軽にご相談ください!
狭小地、変形地の家づくりも多数実績あり。
土地探しからのご相談も大歓迎です。
☆後悔しないための賢い家づくり勉強会の日程確認・ご予約はコチラから!
instagram ☆twitter