光を導く家

光を導く家

ねもとです。

「光を導く家」様、工事の様子です。

床材の施工が完了しました!
本物件ではオーク材の90mm幅をご採用です。最近は表情豊かなアカシアよりも落ち着いた雰囲気の仕上がりになるオーク材が人気ですね*
CIMG50871212.jpg

家の中で「床」が占める面積の割合は大きく家のテイストも決まるほどですので、お好みに合う床材をお選びください♪
R+houseでは床は無垢材を標準仕様とし、自然そのものの風合いと経年変化が楽しめます。
家は暮らすもの。キズがつくのは当たり前のことでそれも家族の思い出、住まいの歴史「味」なのです。

さらに「木」にはフィトンチッドと呼ばれる人に癒し効果を与える成分が含まれています。
香りや色のもとにもなる成分なのですが、お子様の集中力が上がり成績が良くなったり、ストレス軽減にもつながっているようです。

「本物の木は値段も高い」について。
一般的な合板フローリングと比べたらそうですが、R+独自の建材資材をコストダウンする仕組みがあり、将来リフォームをするとき無垢材であれば表面を削って塗装することできれいになります。べっ甲飴のようなイメージで、剥がしてもう一度張り直す必要がありません。
樹木、床材の幅、仕上げ方法等などにより価格も様々ですのでOB宅特別見学会でぜひご体感ください!

CIMG51361212.jpg

CIMG51131212.jpg
生活空間には無垢材、ロフトや収納は合板フローリングというようにコストの優先順位を決めることも家づくりの大切なポイント。光を導く家様もロフト階は合板フローリングをご採用です。

足触りがやわらかくあたたかい、木の香りを楽しみたい方には自然オイル仕上げや無塗装のパイン、カバザクラ。
LDKなど家具家電を置く部屋には堅めのナラ、ハードメープル、ウォールナット。
本物がいいけどメンテナンスが続けられない方にはUVウレタンクリア塗装のもの。仕上げは艶を極限まで無くし、床表面に薄い塗膜をつくることで普段のお掃除だけでOK、定期的なオイル塗りはしなくてよい商品です。

自然塗料仕上げの床におすすめのキヌカ春風
キズや凹みを簡単に補修できる、かくれん棒ミニ5色+住まいのマニキュアミニミニ5色

特に年末、大掃除の時期になるとOBのお客様から「そろそろ床のメンテナンスをしようと思うんだけど、おすすめの塗料ある?」「子供がおもちゃを落として床にキズが..!」というようなご連絡をいただくので弊社でもよく使うものを書いてみました。


R+house豊島区目白店には様々な床材のサンプルをご用意しています。
経年変化でどんな風に変わるか実物をご覧いただけますよ♪お好みやご予算に合わせてご提案いたします。