自分でつくる家

自分でつくる家

ねもとです。

「自分でつくる家」様、工事の様子です。

本物件は弊社 工事部長の伊藤が設計・施工監理を担う自社物件。
長期優良住宅の認定を受けており、仕様はほぼR+houseと同じ。高気密高断熱の長生き住宅です。

CIMG65330123.jpg

壁に斜めに取り付けられた青い部品は制震装置です。
「耐震」は耳馴染みのある言葉であり、そこを強みにするハウスメーカーさんもあります。
読んで字のごとく、地震の揺れに耐え、建物の倒壊を防ぐことです。
一方制震は写真のように建物に装置を組み込んで揺れのエネルギーを吸収し抑制させること。

日々試行錯誤する中で新たな時代に飛躍すべく、R+house豊島区目白店では「耐震×制震」を標準化に向けて今回制震装置を試験的に採用しました。
こちらの制震装置は小さな揺れからエネルギーを吸収するもので建物へのダメージを軽減します。
費用対効果が高く、コストパフォーマンスに優れています。

詳しい役割についてはまた後日ご紹介いたしますね。
店舗には実際に取り付ける装置のサンプルをご用意しています。
ご来店の際はぜひ手に取ってご確認ください!