自分でつくる家

自分でつくる家

ねもとです。

「自分でつくる家」様、無事上棟を迎えました。

IMG_04920115.jpg

IMG_04970115.jpg

もしこれから家づくりに臨む皆さまのなかに
上棟日、雨が降らないか不安に思われる方がいらしたら、ご安心ください*

一生に一度しかない特別な日の雨、、
木材が腐ってしまわないか、職人さんたちの安全は大丈夫なのか色々気になってしまいますよね。

確かに、晴れていた方が職人さんたちの安全性や作業効率は上がります。

しかし昔からの言い伝えで上棟の日に雨がふると
「福が降り込む」「幸せが降り込む」として縁起が良く、
一生火が出ない、火事にならない家になると言われています。

いやいや。。縁起が良くても木材が腐ったらどうするの・・と思われた方!
家を建てるための木材は時間と手間をかけて芯までしっかり乾燥させてあります。きちんと乾燥させた木材は多少の雨で中まで水が浸透することはありません。

とはいえやはり「木」なので濡れない方がいいことはいいのですが(';')
そして当たり前ですが長期間雨ざらしにするのは×です。

上棟し屋根をつけて防水シート等で囲い、サッシと玄関ドアがついて・・と通常通りに工事が進めば直接構造体に雨がかかる時間はわずか。濡れた部分は工事期間中にきちんと乾きます。

日本の気候的に工事中一度も雨が降らないことはほぼ不可能で、関東でもゲリラ豪雨に見舞われることが増えましたね。東北エリアでは身長より高く積雪することもありますので地域的に大変なこともあるのではないかと思います。

家づくりにはゲン担ぎや縁起がいいとされることがいろいろあります。風水や家相もそうですかね?
将来のために調べてみるのも良いかもしれません*