冷たい空気の出入り口

冷たい空気の出入り口

ねもとです。

11月に入ってから暖房を解禁しました。
これまでも今も賃貸暮らしでなるべく最上階角部屋を選んできたのですが、断熱効果ってどうなんだろうと思い、今は左右上下にお部屋があるところに住んでいます。
感想としては「まあ寒いけどそこそこ涼しいくらいかな?」という感じで、どちらかというと夏の方が涼しさを実感できて、夕方帰宅し玄関ドアを開けたときにブワッと来る熱風がなく驚きました。

話しが反れてしまいましたが、
冬、1番冷気が出入りする場所は窓回りなんです。

アルミサッシであれば窓の付近にいるだけで冷気を感じますし、結露もします。
その結露がカビやダニの発生源となりお身体に良くないことは想像に難くありません。

住宅において、内外への熱の出入りの割合は窓が約60%を占めます

どれだけいい基礎をつくっても、高級な断熱材を使っても、いい窓を選ばなければ夏暑くて冬寒いお家になってしまう可能性があるのです。

_Y0O9705.jpg

主に窓ガラスは単板(1枚)、複層(2枚)、トリプル(3枚)の枚数で構成されています。防火規制のかかる地域で使用できる『防火性能』を持つ窓は限られており、複層ガラスが主流です。ガラスが多い方が断熱性が高いですが、金額も高額となるため1棟分採用する際は百万円単位の費用を見込んでおく必要があります。

またアルミ窓ではなく樹脂窓にすることも室温に影響します。
熱が伝わりにくいので冷たくなりにくく、ガラスの結露も四方にフワッと現われる程度となります。

賃貸住宅の場合、アルミサッシやアルミ樹脂複合サッシのことが多いので毎朝大変な思いをして拭き掃除されている方も多いのではないでしょうか。苦労して拭きあげてもまた結露して、構造部分に染みた水分がカビやシロアリの原因になり..寒くてアレルギーになる住まいは、冬場のご相談に多い理由です。

家づくりでここだけはしっかり造っておくべき!というポイントは賢い家づくり勉強会にてお伝えしています!
断熱改修やインナーウィンドウを設置するなどのリフォーム工事もお気軽にお問い合わせください。

-----------------------------------------------------------------------------------------
【建築家と建てる家を、身近に、手軽に。】
R+house豊島区目白店
アンビエントホーム目白店
創業70年、豊島区南長崎の地元工務店。
新築木造戸建て/注文住宅
施工エリアは豊島区・新宿区・練馬区を中心に都内23区。周辺エリアもお気軽にご相談ください♪
狭小地、変形地の家づくりも多数実績あり。
土地探しからのご相談も大歓迎です。
賢い家づくり勉強会の日程確認・ご予約はコチラから♪