無垢の床材があたたかい理由

無垢の床材があたたかい理由

ねもとです。

R+houseのお家は無垢の床材が標準仕様です。
お客様からは掃除やメンテナンスが大変ですよね..と言われる率98%ですが、お勧めする理由をお伝えしたいと思います。

CIMG74260306.jpg


心の健康

木視率(モクシリツ)という言葉をご存知でしょうか?
屋内に立ってあたりを見渡したときの木肌が見える割合をパーセンテージで示すものです。
一般的なお部屋の面積割合は「床:20% 天井:20% 壁:60%」といわれています。

人は、木を眺めているとストレスが軽減して活気が生まれるそうで、
適度に木視率を高めることは「心の健康を保つ」ことにつながるのです。

木視率が40~50%のお家は、格段に「やすらぎ」「あたたかさ」「なごやかさ」を感じられることが医学的・生理学的に証明されています。
新築やリフォームの場合、建物の多くの面積を占める床に無垢を採用することで効率的に木視率を高めることができます。
(家具やインテリアでも木視率を高めることができます♪)

さらにもうひとつ、フィトンチッドという人体に有益な物質の効果。
科学的にも明らかになってきているようですが
「精神を安定させる」「呼吸を整える」「交感神経の興奮を抑え快適な睡眠をもたらす」「肝機能を改善する」といったリラクゼーション効果が得られます。

誰しも一度は森林浴で心もからだもリラックスして、爽快感を味わったことがあると思います。
フィトンチッドは植物がつくる香り成分。実は植物自身が自己防衛のために放つ香りで、植物に侵入しようとする微生物や昆虫にとっては有害な物質なのです。

この香りには殺菌・防腐効果があり、木の食器やカトラリー、お弁当箱、清潔に保つべきまな板などキッチン用品にも多く使われています。
お寿司屋さんではカウンター、つけ台、飯台..様々なところで見ることができ植物の葉でネタを包んで保存することで見た目の美しさと鮮度を保つ役割を果たしています。
柿の葉寿司や桜餅、笹団子などからも分かるようにフィトンチッドは口にするものにも有効です。

天然物質であることから副作用の心配もないので安心ですね◎


メンテナンスが難しくなくなりました

定期的にワックスをかけるのは難しいという方はぜひUVウレタン仕上げのものをお選びください!
床材表面にウレタン塗装をして薄くて丈夫な塗膜がかかったものです。
無垢材の表情を損ねることなく可能な限りマットな仕上げで、大変ご好評いただいています。
数年経ったR+house OB様に話を聞くと、普段はもう慣れてしまっているけど長期家を空けて帰ると木の香りがしますよとのこと!

お手入れはホウキや掃除機のみでok。ワックスは塗膜が剥がれてしまうので不要です*
カスコのHPに色々な樹木の床材や施工事例、メンテナンス方法等詳しく掲載されていますのでぜひ♪

1530306.jpg

あたたかさ

身体で感じる暖かさと、見た目の温かさ、いずれも無垢の良いところです。

樹木には、育つために水を吸い上げる"クダ"が枝の隅々まで備わっています。
フローリングにするために乾燥させることでそのクダが空洞となり断熱効果のある空気層となります。

早く育つ樹木は空気層となるクダが多く断熱効果も高まり、触れると手の熱が返ってきて、より暖かさを感じます。

合板フローリングは樹木から薄くスライスしたものを何層にも重ねて接着するので、空気層が少なく冷たく感じます。(そもそも接着剤が冷たいという点もありますネ(';'))
ご予算の優先順位を考慮して、張り分けするのも良いでしょう◎


新たな価値観

新しいお家はできるだけキレイに保ちたいと思いますよね。
しかし、小さなお子様がいるご家庭ではそうもいきません。
壁に絵を描いてしまったり、床にモノを落として傷つけてしまったり、、
(1度やると諦めがつくとのお話しもありますが(^_^;))

無垢材は経年変化や使用方法により色の濃淡が変化したり乾燥具合によって反ったり隙間が空いたり膨れたり、変形します。

これは、天然素材であるからこそ。
ご家族とともに住まいも年を重ねて味わい深くなるのです。

価値観をすぐに変えることは難しいですが、「お家のキズは家族の思い出」という価値観は将来お子様が巣立ったり家族構成が変わったりするとより実感できることかもしれません。

店舗にある床材サンプルもだんだん色味の変化が出てきて深みがあってかっこよくなってきました。
床のキズはホームセンターの補修材で簡単に補修できますので、もしお困りの方いらっしゃいましたらご相談ください(#^.^#)